令和2年8月7日

「新型コロナウイルス感染症対策について」

王栄幼稚園

園長 森 眞樹子

 

新型コロナウイルス感染症は、現在熊本県内においても勢力を増し、感染拡大を続けております。現時点では、本園において感染者は確認されておりませんが、私たちの日常生活や社会活動の中で、これまで通りの対策や自粛の努力をしていても、いつ、どこで、誰が感染するのか全く予測がつかず、自身も感染してしまう可能性があるような状況になってきております。

 

そのような中、誤解や偏見により感染者や発生した学校、企業、事業者、その家族に対する誹謗中傷や差別、いやがらせなどの卑劣な行為、人権侵害が増加しています。このような行為は、人々の不安をあおり、感染が疑われる症状が出ても診断をためらってしまう人を生み出し、結果的に感染を拡大させる要因の一つになってしまう、知識不足から起こる負の連鎖へと繋がっています。

 

新型コロナウイルス感染症は、誰にでも感染のリスクはあります。感染が確認された方の中には、どこで罹患したのかもわからないまま心配や不安を抱え、それでも勇気をもって適切な検査を受け、感染拡大を防止するための生活・行動制限を守り、ウイルスと闘っておられます。また、その家族の方々も同じです。

 

不当な差別や偏見、SNSでの心ない書き込みなどは決して許されない行為です。

私たちがたたかう相手は、人ではなくウイルスです。今、私たちは、一人ひとりが互いの立場に立ち、寄り添い、思いやりの心をもって、支え合いながら、ウイルスを正しく恐れ、確かな行動をとる事こそが必要であり、大切です。

 

情報につきましても、新型コロナウイルス感染症に関して掲載されている様々な情報の中には、不確かな情報や事実とは異なる情報も多くあります。こうした情報を、むやみに信じこんだりせず、本園や公的機関が発信する正確な情報に基づいた冷静な判断、行動をとってまいりましょう。

 

現在(8月6日時点)、本園において感染された方の確認はされておりませんが、感染者の有無に関わらず確かな判断と行動で、保護者の皆様と共に、この難局を乗り越えていきたいと考えております。

下記のような場合には、園へご連絡・ご相談下さい。

  1. 園児や同居されている方に、感染の心配や疑いのある場合
  2. 園児や同居されている方が、濃厚接触者と判定された場合
  3. 園児や同居されている方が、PCR検査を受けることになった場合
  4. 園児や同居されている方に、陽性反応がでた場合
  5. その他、体調変化、行動変容等

 

    • 本園関係者に感染が判明した場合は、保健所と連携を図りながら県・市から幼稚園へ出されたガイドラインに従い、「感染拡大防止」と「個人情報の保護」を特に考慮しながら、対応や発信をおこなってまいります。

 

    • 疑わしい症状が出た場合は、直接すぐに病院にかかる前に下記に連絡をしましょう。096-300-5909
    • 熊本県新型コロナウイルス感染症専用相談窓口
    • 王栄幼稚園
    • 096-364-4474

 

 

最後に、熊本市も罹患者数が増加しております中、命を守るために現場で尽力されております方、経済をまわすために働いておられる方、お家でお子さまやご家族の健康と命を守る努力をされている方、すべての保護者の皆様に労いの心を寄せ、深く感謝申し上げております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です